2020.10.15 カテゴリー:

はい、今日は業務用金庫の記事を書きたいと思います。

業務用金庫はオフィスや銀行などで使われている大型の金庫になります。
下記の写真のように1m以上の高さがあり、鍵穴ダイヤルレバーがついているのが特徴でございます。

テレビとかで聴診器当ててカリカリしているアレです。
でかいですね Σ( ̄□ ̄;)。

この金庫がまた家庭用金庫と違い百万変換ダイヤルというダイヤルがついている為、開錠作業の難易度が段違いです。

業務用金庫の解錠依頼として多いのが、
「ダイヤル部分にガムテープを貼ったまま使用していたが、たまたまダイヤルを回してしまってダイヤル番号がわからない」
「担当者不在でダイヤル番号がわからない」
というケースが多いです。

家庭用金庫なら15000円~ぐらいからダイヤル解錠できるのですが、業務用金庫の場合はそうも行きません。

テレビなどでは3日間ぐらい時間をかけて地道にダイヤル番号を探って解錠していますが、あくまでも演出ですし、専門業者を3日間拘束してテレビ局はいくら支払っているのか?
気になる所ですね (;ーωー)。

通常作業では緊急性もあり時間も費用もかけれないので破壊解錠という方法をするのが一般的です。
金庫のダイヤル部分を破錠解錠したあと後日ダイヤル部分手配し交換する方法ですね。
ダイヤル破錠 40000円~50000円
ダイヤル交換 20000円~30000円
合計で60000円~80000円ぐらいかかるのが一般的です。
お高いですね (゚Д゚ )!!

 

ただ当店では基本的には破錠はしません

足はガクガク、次の日筋肉痛でプルプルになるから・・
というわけじゃないんだからね・・( ο_ο)

もっとお安く提供できたらと思っているんだからね・・( ο_ο)

 

 

それでは当店ではどうやって解錠しているのか・・・

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

テッテレー

 

 

「金庫オートダイヤラーーー」

 

当社では専用のコンピューターマシンを使って、破壊無しで開錠します。

作業の流れとしては

①ダイヤルにマシーンを設置 アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

②マシーンの設定 d(@д@υ)

③ボタンをポチッとな m9っ`Д´)

④マシーンが自動でダイヤルぐるぐる しばらく放置 (´゚`Д´゚`)

⑤機械が止まる (; ・`д・´) !!

⑥無事解錠 (“゚Д゚)ウマー

 

機械が00から自動でダイヤル番号を探りますので

ダイヤルを 破壊することなく解錠できます。

解錠後はダイヤル交換の必要がないので、別途交換費用も発生しません。

作業後にはダイヤル番号もお伝えしますので、いままで通りすぐ使うことができます。

時間は多少かかりますが作業員が立ち会わなくてすむ為、費用も大幅にお安くしています。

 

 

さて、ここで気になるのはお値段!

 

 

 

問題なく通常作業で解錠できた場合の金額は・・・

 

 

 

 

 

45000円 (_≧Д≦)ノ彡税抜ダヨ

 

 

少しでもお客様の費用負担を減らすためこの機械を導入しました。

他店の見積もりに納得できなかった方
無破壊で解錠希望の方

ぜひ一度キーメーカーに相談ください。

家庭用金庫解錠も得意ですのでお気軽に相談ください。

2020.07.27 カテゴリー:

ホームページをリニューアルしました!

熊本県で、鍵(カギ)の紛失(鍵をなくした)・取り替え・閉じこめなどでお困りでしたら、24時間365日いつでも対応の「カギと防犯の専門店キーメーカー」へご相談ください。
業界経験年数20年以上のベテラン鍵師が、最短15分~30分で駆けつけます!

カギというのはデリケートな問題も少なくありません。
だからこそ当店では物を売るというより、人柄や人間性、確かな技術でお客様との信頼関係を築き、安心して依頼いただけるよう心がけています。
鍵の交換の場合、同メーカーの錠前の提案はもちろん、他社メーカーの方が安い場合もあります。
当店が最も得意とする豊富な錠前の知識と技術を元にお客様の立場になって、少しでも負担を少なくできるようにご提案いたします。
他社に断られた案件でも当店なら対応可能というケースが多々あります。
お気軽にご相談ください!

 

ホームページをリニューアルするにあたってブログも開設しました。

ブログでは鍵屋裏話や作業事例などを更新していきたいと思っています。

硬い職業でシリアス場面など多々遭遇しますが、真面目に記事を書くよりも楽しんで記事を読んで頂けた方がいいので冗談を交えて砕けた感じで更新します。

ぜひブログの方も見てください。

2020.07.17 カテゴリー:
2020.07.17 カテゴリー:
2020.07.17 カテゴリー:
2020.07.17 カテゴリー:

お客様の声が入ります。

ページトップへ